特徴 | 各薬局 | 企業情報 | 採用

在宅訪問


介護保険制度が施行される以前の1999年より
在宅 医療に取り組み訪問服薬指導業務を実施しています。
現在、3つの在宅対応基幹薬局※中心に患家、グループホーム、障害者施設、
高齢者施設などを訪問し、
35施設で月間約1500名の薬剤管理を実施しています。
無菌調製についても「そね薬局」「コスモ薬局黒浜」「コスモ薬局大宮」 で対応しています。
 
※コスモ薬局黒浜(蓮田市)、コスモ薬局 岩槻(さいたま市)、そね薬局(越谷市)
 
 
 
 

●患者様のコンプライアンスに関わり地域医療で薬剤師にしかできない職務を果たします

自宅療養の患者様や高齢者施設などに赴き、薬の服薬指導や服薬管理など、コンプライアンスやアドヒアランスに関わる仕事を行うのが在宅担当の薬剤師です。
禁忌の飲み合わせや食べ合わせなどに注意することはもちろん、咳やしびれ、眠気、転倒しやすくなったなどの症状には
副作用を疑い、主治医の先生に相談したり、
処方を変更してもらうこともあります。
 
 

服薬管理に関しては、患者様に合わせて飲みやすくする工夫や保管の仕方をアドバイスし、ポケットの付いた薬カレンダーなどを効果的に使う提案なども行ってきました。
患者様は運動能力や思考なども一人ひとり違います。
できない方には一包化して極力飲みやすく、管理も単純にする必要がありますが、できる方にはリハビリも兼ね、程度に合わせた薬やパッケージを用いることも大切です。
また、主治医の先生の処方の意図を理解することも大切なので、医師・看護師の往診チームに参加させてもらい、患者様の診察に同行することもあります。
患者様を中心に医療に関わるすべての方々と連係しながら、薬剤師にしかできない職能を全うして地域の医療に深く関わっていく。
それが、私たち在宅担当薬剤師の仕事なのです。
 
 

 

Photo:訪問服薬指導図